新着情報

 2020年6月25日(木) 『研究成果』のページに三重大学の
            「ICTの森林管理・林業振興への活用と三重版木材サプライチェーンの構築」
            を掲載しました。

 

 

 2019年2月16日(土) 革新的技術開発・緊急展開事業(うち技術開発・成果普及等推進事業)
            平成30年度成果発表シンポジウム
           「ICTが拓く林業ビジネスの近未来」〜スマート林業の姿〜を開催しました。
            【場所】東京大学弥生講堂(東京都文京区弥生1-1-1)
            【主催】スマート林業構築コンソーシアム
           詳しくはこちらをご覧ください。
           当日の発表資料はこちらから閲覧できます。

 

 2018年12月17日(月) 革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)成果普及推進事業
            「ICTが拓く九州の林業ビジネス」を開催しました。
            【場所】アクロス福岡 大会議室(福岡市中央区天神1丁目1-1)
            【主催】スマート林業構築コンソーシアム
            開催概要はこちら

スマート林業構築コンソーシアムとは

 

森林・林業・木材産業では、ICT(情報通信技術)を活用して木材の生産と流通全体のコスト削減を図るとともに、安定供給やトレーサビリティの確保等を図ることで国産材価値を向上させ、林業事業体や森林所有者の所得向上を通じた持続可能な林業経営に大きな役割を果たすことが期待されています。

 

スマート林業構築コンソーシアムは、ICT(情報通信技術)を活用した高収益型林業経営の実現をめざし、スマート林業に取り組む林業事業体、地方自治体、大学、システム開発企業等が集まり、2016(平成28)年に発足しました。

 

発足以来3年間の試験研究計画に基づき、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構・生物系特定産業技術研究支援センターによる「革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)」において「ICTを活用した木材SCMの構築」をテーマとして実施しています。

 

<研究開発事項>
◎多様な地域林業をそれぞれスマート林業として再構築するために、
 高精度森林情報と森林クラウドにより地域森林資源を「見える化」

 

◎ICTを活用して木材生産と流通全体のコスト削減と木材価格の
 向上を図る木材SCMを構築

 

◎需給情報に応じた有利販売を可能とする高収益型林業経営の実現

 

 

<組織構成> *構成員の詳細はこちら

 

 〔代表機関〕 (国)東京大学
 〔共同研究機関〕 (株)ドリーム・ワークス、フォレストテクノロジーサービス(株)、(国)鹿児島大学、
         (国)九州大学、(国)宮崎大学、(株)Woodinfo、(株)パスコ、(国)三重大学、
          三重県林業研究所、住友林業(株)、富士通・エフ・アイ・ピー(株)、
         (株)価値総合研究所、新日鉄住金ソリューションズ(株)、アジア航測(株)、
         (株)フォテク、 (国)京都大学、(国)信州大学
 〔普及担当機関〕 群馬県環境森林部、群馬県森林組合連合会、利根沼田森林組合、
         くま中央森林組合、人吉市、吉田本家山林部、松阪木材(株)、
         岡山県真庭市、福岡県糸島市
 〔研究・実証地区〕 群馬県、三重県、熊本県人吉市、岡山県真庭市、福岡県糸島市

 

 

                    

 問い合わせ先

 

  代表機関:東京大学森林利用学研究室
       東京大学大学院農学生命科学研究科
       准教授 仁多見 俊夫
       〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
       東京大学農学部1号館106,107,108号室
       電話: 03-5841-5205(直通) Fax: 03-5841-7553
       URL: http://www.eng.fr.a.u-tokyo.ac.jp/

 

  事 務 局:フォレストテクノロジーサービス株式会社
       代表取締役 伊東 雄生
       〒101-0047 東京都千代田区内神田3-16-10 金剛ビル3階
       電話: 03-3256-8808 Fax: 03-3256-8778
       URL: http://www.f-t-s.jp/
       Email: info@f-t-s.jp